●脳波関係機器の輸入はおまかせください。外国の新しい機能性にあふれた製品や役に立つ製品を吟味して、お客様にリーズナブルな価格でお届けいたします。
またお客様の指定する海外の製品の輸入購入をお助けいたします。

【お取り寄せ】●InterbotiX Labs社製 ArbotiX-M Robocontroller/ミニロボットコントローラ基盤 3個セット IL-ARBOTIXM

30,200円(税込)

在庫状況 残り10個です

購入数



【お取り寄せ】●InterbotiX Labs社製 ArbotiX-M Robocontroller/ミニロボットコントローラ基盤 3個セット


●重要●この商品はご注文いただいてからメーカーに発注いたしますので、納期が2から3週間かかります。よろしくお願いいたします。


・ArbotiX-M Robocontrollerは、すべてのInterbotixロボットの中心にあります。 ・この汎用性の高いロボットコントローラは、BIOLOIDおよびDYNAMIXELベースの
 アクチュエータの高度な制御ソリューションです。
・Arduinoと互換性のあるマイクロコントローラとして、Arbotix Robocontrollerは
 ライブラリとサンプルの巨大なオープンソースコミュニティからも恩恵を得ています。
・Arbotixは2010年にリリースされて以来、趣味から高度な研究に至るまで世界中の建築家に
 人気が高まっています。


・ArbotiX-Mの「M」はミニを表しています。この新しいボードは元のArbotiXよりも25%以上小型です
 !ArbotiXからArbotiX-Mへの変更は次のとおりです。

より小さなフットプリント(61mm×61mm)
10個の汎用I / Oピン
DC電源用バレルジャック
趣味用サーボ用の4つのPWMデジタル出力用の独立したパワーバス
専用I2Cヘッダーなし(I2CはD16 = SCL D17 = SDAでまだ使用可能)
DCブラシ付きモータコントローラなし
RX-Bridgeと互換性がありません
より詳細な比較については、ここをクリックしてください

ArbotiX robocontrollerは、AX / MX / RX / EX DYNAMIXELサーボとBIOLOIDベースのロボットの高度な制御ソリューションです。
強力なAVRマイクロコントローラー、XBEEワイヤレスラジオ、デュアルモータードライバー、デジタルおよびアナログI / O用の
3ピンサーボスタイルヘッダーを搭載しています。

Arduino互換のボードとして、ArbotiXはArduino IDEで使用できます。
DYNAMIXEL AX / MX / RX / EXサーボの制御に役立つオープンソースライブラリとサンプルプログラムも公開しました。
ArboitXの設定に関する詳細はこちら


ArbotiXのハードウェアとファームウェアは、さまざまなDYNAMIXELサーボをサポートしています。

直接互換性:

AX-12A
AX-18A
AX-12W
MX-28T
MX-64T
MX-106T


・16MHz AVRマイクロコントローラ(ATMEGA644p)。
・2つのシリアルポート、1つはBioloidサーボコントローラ専用、もう1つはXBEE無線/ FTDIプログラミング専用
・3 TTL DYNAMIXEL 3ピン・スタイルのオンボード・ポートは、TTL AX / MX DYNAMIXELサーボを直接接続してください!
・28デジタルI / O、そのうち8つはアナログ入力としても機能できます
・すべての28個のI / Oピンでサーボスタイルの3ピンヘッダ(GND、VCC、信号)
・PROシリーズには対応していない別売のXBEEラジオ典型的なセットアップでは、コンピュータまたはArbotiX Commanderで
 ロボットをワイヤレスで制御できるように、2つのXBEEラジオとUartSBee w / USBケーブルが必要です

このボードには、プログラミングのためにFTDIケーブルまたはISPが必要です。
FTDIケーブルの場合、Sparkfun FTDI-USBケーブルを推奨します。
代わりに、USB AVRプログラマを使用することもできます 。


入門

・クイックスタートガイド
・DynamanagerでDYNAMIXEL IDを設定する
・ハードウェアの概要
外部ハードウェア

・ArbotiXのXBeeの設定
・LiPoバッテリーガイド
コミュニケーションとコントローラ
・ArbotiX Commanderセットアップ
・Commander Consoleのセットアップ
・アームコントロールのセットアップ

高度なトピック

・ArbotiXの高度なプログラミングガイド
・ArbotiXの電源を入れる
・TR DYNAMIXELサーボツールの高度な使い方
・ArbotiXライブラリとハードウェアファイル
レガシードキュメント


・オリジナルのArbotiXハードウェアの概要
・オリジナルのArbotiXを動かす

その他のリソース

・バナジウム研究所ArbotiXページ
・Vanadium Labs Github
・ArbotiX Googleコードサイト
・Google Code ArbotiX Setup
・PyPoseの設定と使用
・ArbotiXマニュアル(PDF)
・ArbotiX Commander Manual(PDF)
・ROS WIkiのArbotiX

ダウンロード

・DynaManagerソフトウェア
・ArbotiXライブラリとハードウェアファイル

おすすめ商品