●外国の新しい機能性にあふれた製品や役に立つ製品を吟味して、お客様にリーズナブルな価格でお届けいたします。特に脳波関係はおまかせください。
またお客様の指定する海外の製品の輸入購入をお助けいたします。



1.脳刺激は、慢性膝痛を治療するのに役立ちます。
 
    米国疼痛学会(APS)2017年次学術会議  2017/05/22 ナンシーA.メルヴィル


ペンシルバニア州ピッツバーグ(Pittsburg、Pennsylvania) - 慢性疼痛の治療に対する潜在的に有用な非薬理学的アプローチとして頭蓋内直流電流刺激(tDCS)が注目されているが、臨床的無作為試験による新たな研究により高齢者の変形性膝関節症についての研究が注目されています。


テキサス州ヒューストンのテキサス州保健センターのRN医師であるBrian Ahn博士は、Medscape Medical Newsに「45歳以上の人々の痛みや障害の主要な原因であるため、変形性膝関節症でテストすることにしました。
 

臨床的な痛みの重症度の観点から、tDCSと擬似治療を受けている患者の間に統計的に有意な平均差があることがわかりました。


tDCSは、うつ病から脳卒中リハビリテーション、認知症、高齢化、痴呆に至るまで評価されているが、慢性疼痛におけるtDCSの最初の二重の盲検ランダム化研究であるとAhn博士は指摘しています。


米国疼痛学会(APS)2017 Annual Scientific Meetingで発表された研究では、変形性膝関節症の痛みを伴う21人の女性を含む、50〜70歳(平均年齢59歳)の成人40人が参加した。彼らは無作為に割り当てられ、毎セッション5回のtDCSまたは偽治療を各セッションで20分間受けました。


tDCSはうずき感を生じるので、擬似治療は、セッションの開始時に30秒のtDCS電流を、最後に30秒を要して同様の感覚を提供した。現在は、tDCSオペレーターが患者が受けていた治療を知らされないようにするコードを提供しました。


この処置は、罹患した膝の対側にある脳半球の一次運動皮質上にアノード電極を配置することを含み、カソード電極は、罹患された膝の同側の眼窩上部領域上に配置された。


結果は、5回の毎日のセッションの後、偽群(6.45±2.26)と比較して、tDCS群では臨床的痛み重症度0〜100(18.50±3.60)、平均差12.05(P = 0.007; Cohen's d = 0.90)の群の間で有意差が認められた


"研究が小規模だったので、効果の大きさを見ることが重要であり、効果が大きかったことを示す実際の効果の大きさでした」


Dr Ahnは、tDCSが膝関節症の疼痛に対処するメカニズムが、その神経調節効果に関連している可能性があると推測しています。


「最近の証拠によれば、膝の変形性関節症の痛みは集中痛であるため、一元的に調節されるメカニズムが存在する可能性がある」と彼は述べた。


この研究の共同執筆者であるゲイネスビルのフロリダ大学マクナイト・ブレイン・インスティテュート(McKnight Brain Institute)の認知症老化と記憶のセンターのアシッド・ジャーナル・ウッズ(Adam J. Woods、MD)助教授は、その結果は有益であると強調した。


「全体的な効果の大きさは大きかったし、エキサイティングだった」と同会議で発表した。


「ほとんどの投薬試験では、約0.2または0.3の効果サイズが見られるかもしれないので、これはtDCSが痛みの治療薬として期待されている理由の例です」


ウッズとその同僚は、神経認知効果の介入を評価する最初の第3相試験である、より大きなマルチサイト研究であるtDCSを高齢者の認知症訓練(ACT)試験で評価しています。


痛みは主要な結果ではないが、研究は痛みの重要な洞察を提供するはずだと彼は言った。


「この試験に参加する高齢の成人の約40%は、慢性的な痛みを1つまたは複数の形で有しており、研究中の一部の患者には痛みがあり、痛みを伴わないことが役立つでしょう。


「これは副次的な後付けなので、特に痛みを対象としているわけではありませんが、通常は高齢者に影響を与えるさまざまな痛みの種類を評価する機会です」


tDCSに関してすでに確認・認知されているいくつかの重要な洞察は、ナトリウムチャネル遮断薬およびグルタミン酸作動性薬物を含む特定の薬物療法が治療の効果を変えることができるという観察を含みます。


「ナトリウムチャネル遮断薬はtDCSの興奮作用を完全にブロックすることができ、グルタミン酸作動薬とGABA作動薬はほとんど同じであるが、カルシウムチャネル遮断薬は減弱するが効果はブロックしない」ことが研究によって示されています。


ウッズ博士は、これまでに考えられていたよりも電極の配置が重要であると付け加えた。


「tDCSの初期段階では配置は問題にはならなかったが、電極を配置する場所が神経生理学的および行動的応答の点で重要であることがわかっている」


「電極を2cmほど動かすと、効果が変わる可能性がある」と彼は語った。


Woods博士は、潜在的にtDCSの家庭内での使用を可能にするための重要な進歩がなされており、多くの患者にとってその実現可能性に大きな差異をもたらす可能性があることに留意した。


「痛みのある人は2週間、週5日間、クリニックに来ても構わないかもしれないが、診療所に来て装置を受け取り、家に帰って遠隔医療を使用して使用することができれば、この恩恵を受けることができる痛みの患者に到達する能力」を提供する。


この研究は、Claude D. Pepperの旧アメリカン・インデペンデンス・センター、ヒューストンのテキサス大学看護大学、認知老化と記憶のためのフロリダ大学の大学、および加齢に関する国立研究所によって資金提供されました。著者らは関連する財務関係を開示していない。


アメリカ疼痛学会(APS)2017年次学術会議。要約456. 2017年5月19日発表。